cqクリニカルエピを1か月以上使った人の口コミや効果は?

皆さんは脱毛器を使ったことはありますか?

一般的には脱毛サロンなどに行って処理することが多いです。その施術の期間の合間にケアをしたいと、家電用の脱毛器もご持っている方もいるかもしれません。

既にお持ちの方もまだ持っていないという方にもオススメしたいのが、こちらのCQクリニカルエピという商品になります。

いろんな脱毛器が販売されているため、どんな特徴や口コミがあるかお伝えしていきます。

メニュー

cqクリニカルエピを使った人の口コミ

口コミ

cqクリニカルエピの楽天、Amazonのレビューページを載せておきますね。

cqクリニカルエピを使った口コミを調べてみました

最新の商品であるため、口コミの数は少ないですが、星の評価の数は3以上のところが多いです。

購入前に安心できる商品ということが分かりますね。

「使って間もない方も効いているようで、脱毛サロンで受けている感覚に近い」という声もありました。ローションを付けて、金属部分を肌に撫でる感覚が似ているということですね。

実際に自分も脱毛の経験があり、照射の感覚が同じだとサロンに行かずに家で出来るという強みはあるでしょう。

また長期的に使った方は「照射する感覚を開けても、生えてきにくくなりました。」という声もあるようです。こちらの方は一ヶ月以上使った上での声ですので、続けることがですので、第一歩ですね。

結構、良い変化を感じている方が多いため、波に乗って挑戦してみることをオススメします。まだ様子を見てからにしたいという方は、口コミが増えてから購入されるのもいいですね。

cqクリニカルエピの使い方

cqクリニカルエピの使い方のついて調べてみたところ、かなりシンプルな作りになっていました。

ボタン2個と液晶画面という操作で、「モード切替」や「照射の強弱」、「電源」となっています。使い方を覚えてしまえば、説明書に見なくても使いやすいですね。また液晶画面が付いているのも、ありがたいです。

今どのような状態で使っているのかが分かると安心ですよね。

また、照射回数の表示もあります。多くの脱毛器の機能に回数表示がありますが、大きい液晶画面側の表示になっています。使いやすさが集まった作りで素晴らしいと思います。初めての使うにはオススメの商品です。

ハンマータイプの作りになっているため、照射したい部位も充てやすいということがわかりました。

cqクリニカルエピのメリット

メリットは冒頭にもお話させて頂きましたが、CQクリニカルエピの冷却機能にあります。痛みを感じやすい状態はレーザーを充てているため、熱を帯びている状態になります。そのため、冷やすことが痛みを弱くするだけでなく、肌への負担を軽くすることに繋がります。

脱毛サロンで氷で冷やす工程も体験したことがありますが、家庭でやるとなると水を凍らせて、充てた後はまた水に戻ります。

そしてドライアイスでもいいじゃないかという声もあります。もらえるときはありますが、結局一定期間使わない処分して保管していないということもよくあります。

応急処置で使うに越したことはありませんが、付属の金属部分で冷却できるのは嬉しいですね。

cqクリニカルエピのメリット

反対にデメリットをあげるとしたら、機器の性能かもしれません。多くの方は数か月使ったら口コミがあるため、通常の機能で使うことが出来ているようです。

しかし一部の方から、機器のボタンの作りが甘い状態でボタンの押した感覚が弱かったとのことでした。

恐らく製造過程の不良ではないかと考えられます。脱毛器は正直ピンからキリまであります。値段も手ごろのものから10万円近いものまで様々です。

真ん中くらいのレベルで使える商品のため、万が一使い方が困難な場合はお問い合わせ窓口に問い合わせて見ることをオススメします。

cqクリニカルエピはvioに使える?

cqクリニカルエピでvioは使えるのかどうかですが、使うことができます。それも3点ともOKです。

これはプライベートな部分なため、嬉しいですよね。

脱毛サロンでは判断を迷っている方も、後からお手当てできるため、夏まで綺麗にしたいとお考えの方はオススメです。

cqクリニカルエピの最安値はいくら?

使い勝手の良いcqクリニカルエピですが、買うとなるといくらするの?と心配の方もいらっしゃると思います。

大手の通販サイトさんで調べてみたところ、29900円と3万を切っていました。かなり手の届くお値打ちではだと感じます。TBCさん公式商品のため、ブランド商品で手軽にお家で使えると効果だけでなく、気持ちもアップしますよね。

一回購入でなく、クレジットカードで回数購入しても脱毛サロンよりお得なため、どうしても通うことができない、また人に触られるのはちょっとという方は一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

通販サイト販売価格
楽天29,900円(税込)
Amazon29,900円(税込)
Yahoo!29,900円(税込)

コメント

コメントする

メニュー